フロアコーティングした方が良い部屋とは?

掃除が楽になるなら先行投資も否めないフロアコーティング

部屋が新しいうちの先行投資

実はデメリットは特にない

なんだかフロアコーティングのいいことばかり書いてきましたが、実はこれといったデメリットがないのも事実です。

唯一言えるとすれば、やはり初回に高額な施工料がいるということでしょうか。
特に新築で家を建てたというタイミングでフロアコーティングを施すというのが一番良いタイミングと言われていますが、そのタイミングというのが一番金銭的に余裕がないときですよね。

しかし、引っ越しをすませてからフロアコーティングを施そうとすれば、また家具を移動させてから施工となりますので、それはそれで面倒です。

もし、新築で家を建てる予定があるのであれば最初から総予算にフロアコーティングの予算も組み込んで計算するといいかもしれませんね。

みんなの集まる部屋こそコーティング

フロアコーティングの事について色々書いてきましたが、そもそも床が汚れても大丈夫と思われている方にとってはそこまでこだわる必要のないことかと思います。
しかし、最初のピカピカの床の状態を出来るだけ長く保ちたいと思われるのであればフロアコーティングを施されるのが一番だと思います。

高齢者の方にも小さなお子さんや赤ちゃんにとっても安全ですし、ペットにとっても滑らない事はいいことなのです。

何より、床全体をフロアコーティングでキレイな状態にすると、太陽の日射しや、照明を反射して、部屋全体が明るく感じられるようになります。
部屋全体が明るくなると、部屋がキレイに見えますし、家族みんなの気持ちも明るくなりますよね。
みんなが集まる場所だけでもフロアコーティングを施すと便利なこと間違いなしです。